薬の成分はどんなもの?/厄介なうつ病はエビリファイ・ジェネリックを服用して治療しよう!

厄介なうつ病はエビリファイ・ジェネリックを服用して治療しよう!

薬の成分はどんなもの?

茶色い瓶に入っていた錠剤

厄介なうつ病だけでなく、双極性障害や統合失調症に対しても効果的であるエビリファイ・ジェネリック。
既に発売されているエビリファイと同じ効果と特徴を持ちながら、ジェネリック薬のため、エビリファイよりも安い価格で手に入れることができるのでかなりお得な医薬品でもあります。
ですが、どれだけ優秀な医薬品でも、含まれている成分がわからない状態では安心して服用することはできませんよね。
特に通販で購入する場合、医薬品についての説明を受けることができないので、余計に不安だと感じてしまうのではないでしょうか。
安心してエビリファイ・ジェネリックを服用し、うつ病を治療していけるようにするためにも、エビリファイ・ジェネリックの特徴だけでなく、成分についても知っておきましょう・

エビリファイ・ジェネリックは主成分としてアリピプラゾールという成分を含んでいる医薬品です。
アリピプラゾールはセロトニンとドーパミンに対して作用し、症状を改善するという特徴を持った成分です。
セロトニンに作用する治療薬は他にも様々なものがあるので、セロトニンについて知っている人は多いと思いますが、この物質は幸せホルモンとも呼ばれている物質で、心身の安定や安らぎに関係し、不安などを抑えてくれます。
アリピプラゾールが作用する、もう一つの物質であるドーパミンは中枢神経系に分類される神経伝達物質であり、集中力や意欲などに関係しています。
このように、エビリファイ・ジェネリックには二つの成分に対して効果を発揮する成分が含まれているのです。